掛け合わせの妙 日大藤沢 山本昌広(上)|カナロコ|神奈川新聞ニュース

掛け合わせの妙 日大藤沢 山本昌広(上)

スーパースター編 22/100

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2018/01/23 02:00 更新:2018/01/23 02:00
神奈川高校野球100回大会 球界のレジェンドと称された山本昌広(52)はこう振り返る。

 「本当にボタン一つの掛け違いで、まったく違う人生になったと思いますね」

 49歳でプロ野球史上最年長勝利を記録し、実に50歳まで現役を全うした。沢村賞に加え、最多勝にも3度輝いた。歴代16位となる219勝は、神奈川高校野球出身では断トツだ。だが選択を一つでもたがえば、全てがなかったかもしれないというのだ。

 茅ケ崎市の松林中時代、2番手投手だった。「同級生に関水(光八)君という投手がいて、僕なんて問題にならなかった」。そのエースが中学3年最後の大会を前に腰を痛めた。巡ってきたチャンスで、左腕はチームを茅ケ崎市大会優勝に導く。

 「県大会に行ったことで、たまたま日大藤沢高校が声を掛けてくれた」

 自信はなかったという。「行くか行かないかは当時の監督さんにお任せしました。やめておけと言われていれば、普通に県立の鶴嶺高校あたりに行くつもりだった」。エースの故障がなければ、監督の後押しがなければ、伝説は始まりもしなかった。
...

PR