はれのひ、被害2億円超 発覚10日、解明長期化も|カナロコ|神奈川新聞ニュース

はれのひ、被害2億円超 発覚10日、解明長期化も

 着物販売・レンタル業者「はれのひ」(横浜市中区)が突然営業を取りやめた問題は、発覚から18日で10日となった。各地の消費生活センターに寄せられた被害は、契約金額ベースで2億円超まで膨らんだ。県警は事案の解明を進めるが、「実態把握には時間がかかる」(幹部)見通しだ。

 「卒業式のはかまもセットで頼んだのに」。来年の成人式用に、はれのひと契約した横浜市の女子学生(19)は憤る。総額約30万円のうち、すでに10万円ほどを母親に支払ってもらった。昨年11月には成人式用の前撮りを予定していたが、前日に店から電話で「振り袖は海外にあって手元にない」と言われ延期していたといい、「これからどうしたらいいのか」と不安を隠せない。

 神奈川新聞社のまとめによると、...

PR