さよなら「ミル」 人気イルカ天国へ、新江ノ島水族館|カナロコ|神奈川新聞ニュース

さよなら「ミル」 人気イルカ天国へ、新江ノ島水族館

天国へ旅立ったバンドウイルカ「ミル」(新江ノ島水族館提供)

 新江ノ島水族館(藤沢市片瀬海岸)は9日までに、愛らしい姿で人気者だったバンドウイルカの子ども「ミル」が死んだと発表した。3歳だった。

 ミルは、2014年9月に父パルと母ミューの間に誕生したメス。イルカショーにデビューした昨年11月末以降、元気な姿を見せていたが、今月6日朝に突然体調を崩し、同日午前11時半に永眠した。同水族館は死因を調べている。

 同水族館によると、先輩イルカを追い掛けるなどおてんばな性格で、ファンも多かったという。イルカショースタジアムに花を手向ける来館者もおり、同水族館は急きょ、献花台を設置した。

 問い合わせは、同水族館電話0466(29)9960。

PR