家族連れ餅つき体験 横須賀|カナロコ|神奈川新聞ニュース

家族連れ餅つき体験 横須賀

大人に手伝ってもらいながら餅をつく子どもたち=長井海の手公園「ソレイユの丘」

 新年を祝おうと、長井海の手公園「ソレイユの丘」(横須賀市長井)で8日、餅つきの体験イベントが行われた。あいにくの曇り空だったが多くの家族連れらでにぎわい、「よいしょ、よいしょ」と元気な掛け声を響かせた。

 毎年恒例の行事で、相模湾に面した園内の広場で開催。冷たい海風が吹く中、子どもたちが大人に手伝ってもらいながら力いっぱいきねを振り下ろした。

 会場では、横須賀西地区の町おこし団体「地域の未来を考える会WAFA(ワッファ)」が考案した野菜たっぷりの「長井のだんごカレー汁」も150食振る舞われ、来場者が列を作った。

 昨年も訪れた同市の幼稚園児(5)は「お餅がつけて楽しかった。だんご汁はおいしくてお代わりした」と笑顔。父親(43)も「餅つきはなかなかやる機会がないので、お正月気分を感じられて良かった」と話していた。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR