東日本大震災の教訓、命守る礎に 平塚で「むすび塾」開催へ|カナロコ|神奈川新聞ニュース

東日本大震災の教訓、命守る礎に 平塚で「むすび塾」開催へ

津波の遡上が懸念されている金目川下流

 東日本大震災の教訓に学び、命を守るすべを被災地の人と考える「むすび塾」が2月3、4の両日、平塚市で開催される。東北のブロック紙・河北新報社(仙台市)、神奈川新聞社、同市の3者が協力。語り部などとして活動する3人を宮城県から招き、苦難の体験に耳を傾ける。

 3日は市民向けの防災講演会(平塚市主催)で「東日本大震災を忘れない」がテーマ。「震災語り部の会ワッタリ」会長の菊池敏夫さん(68)=亘理町、「東日本大震災 命のかたりべ」の高橋匡美さん(52)=塩釜市、「TTT」の添田あみさん(19)=東松島市=が講師を務める。

 4日には、津波で浸水する恐れのあるなでしこ地区で住民の避難訓練を実施。危険性の低い地点にいち早く向かうための経路などを確認し、語り部や専門家とも意見を交える。

 むすび塾は、河北新報社が2012年に開始。震災前に継続していた紙面での啓発だけでは住民の防災意識の向上に結び付かないとの反省から、町内会や学校などの小さな単位で実践的な訓練や被災者との対話を行っている。全国の地元紙と連携し、地域を超えて防災の輪を広げる狙いもある。

 防災講演会は無料、申し込み不要。問い合わせは、平塚市災害対策課電話0463(21)9734。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR