元気な声で「ヨイショ」子どもが餅つき|カナロコ|神奈川新聞ニュース

元気な声で「ヨイショ」子どもが餅つき

子どもたちが順番に体験した餅つき=横浜市西区

 地域住民との交流などを目的としたイベント「みんなの餅つき」が29日、横浜市西区の商業施設「MARK IS みなとみらい」で行われ、親子連れらでにぎわった。

 このイベントは2013年の開業以来開催し、今年で5回目。小学生以下の子どもを対象にした餅つき体験、きな粉とあんこをまぶしたふるまい餅の配布が行われた。

 午前と午後の2回、1階の玄関ホールにきねと臼が用意され、各50人が餅つきに挑戦。「ヨイショ」の掛け声に合わせて元気にきねを振り下ろす男子小学生、父親に支えられながらきねを握る幼児ら、それぞれ新春を迎える伝統行事を楽しむ姿が見られた。

 父親と参加した近くに住む女児(3)は「初めての体験で楽しかった」とうれしそう。

 各250人分用意されたふるまい餅も約30分で配布が終了。来店者は正月飾りで彩られた施設内外で早速味わっていた。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR