【社説】全国ひとり親世帯等調査 生活保障確かな社会に|カナロコ|神奈川新聞ニュース

【社説】全国ひとり親世帯等調査 生活保障確かな社会に

 厚生労働省が2016年度の「全国ひとり親世帯等調査」の結果を発表した。

 母子世帯数は推計123万2千世帯。そのうち母親が仕事に就いているのは81・8%で、平均年収は243万円。父子世帯数は推計18万7千世帯で、就業している父親は85・4%。平均年収は420万円だった。

 前回調査時の11年度に比べ、母子世帯の平均年収は20万円上昇した。就業率も伸びている。だが、同じひとり親家庭でも、母子世帯の方が...

PR