南武線ホーム拡幅 JR、武蔵小杉駅混雑緩和へ|カナロコ|神奈川新聞ニュース

南武線ホーム拡幅 JR、武蔵小杉駅混雑緩和へ

来春、臨時改札も新設

朝の通勤ラッシュ時には行列ができるJR横須賀線武蔵小杉駅の改札前

 JR東日本は6日、平日朝の混雑が深刻化している武蔵小杉駅(川崎市中原区)の混雑緩和のため、南武線ホームを拡幅するとともに、横須賀線の駅側に新たに入場専用の臨時改札を設けることを明らかにした。すでに既存店舗の撤去などに着手しており、来年春の供用開始を予定している。

 同駅はJR南武線、横須賀線、湘南新宿ライン、東急東横線、目黒線が乗り入れ、都心や横浜方面への交通利便性の良さから駅周辺に超高層マンションが林立し、住民も急増している。

 駅構内は乗り換え客も多く、混雑緩和は喫緊の課題。横須賀線の駅改札前では平日毎朝、利用者が入場できずに駅の外まで長蛇の列が延びる。

 新たな臨時改札は、横須賀線の同駅付近の新南改札向かい側に設置。ホーム上に接続する上り専用のエスカレーターを設け、平日午前7~9時に運用する。ホームの拡幅は南武線下りホーム(立川方面)で行い、延長50メートルにわたって現在の幅5メートルを最大1メートル拡幅する。

 JR東日本横浜支社は「今回の対策で平日朝に改札前で利用者が入場を待つ状況や駅構内の混雑を緩和したい。今後も引き続き対策を講じたい」としている。一方、市が要望している駅のホームドア設置や南武線の長編成化は「さまざまな課題もあるので、市とともに考えていきたい」と述べるにとどめた。

 同日の市議会本会議でも自民党の老沼純氏(麻生区)、公明党の春孝明氏(高津区)が代表質問で取り上げ、金子督まちづくり局長は「引き続き、南武線のホームドアの早期設置をJR東日本に強く働き掛けたい。横須賀線ホームの混雑緩和のため、大規模改修などの抜本対策についても協議を進める」と述べた。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR