「来年も面白いことしたい」 未来感じる共演 フォノトーンズ |カナロコ|神奈川新聞ニュース

「来年も面白いことしたい」 未来感じる共演 フォノトーンズ 

フォノトーンズがアダム・アットと行ったツアーを、横浜で打ち上げた

他の写真を見る
 ロックバンド「アジアン・カンフー・ジェネレーション」のドラマー・伊地知潔が友人と結成した4人組インストゥルメンタル(インスト)バンド「PHONO TONES(フォノトーンズ)」が11月26日、F.A.D横浜(横浜市中区山下町)で、インストユニット「ADAM at(アダム・アット)」と展開していたツアーを終えた。今夏、両者がコラボレーションし制作した「Mr.Hyde」と「Dr.Jekyll」のアルバム2作の発売を記念したツアーでは東京や京都などを周り、伊地知は「来年もまた面白いことをしたい」と抱負を語った。

 開演前から熱気一杯の会場。先に登場したアダム・アットの玉田大悟は、「F.A.Dはフォノトーンズと出会った始まりの場所。横浜踊ろうぜ」と呼び掛け、鍵盤に置いた指を滑らせていく。フォノトーンズの地元の湘南を走る江ノ電をイメージして作ったという「シエノとレイン」では、車窓から広がる鎌倉の海、青い空がまぶたに浮かぶような軽快な演奏に、フロアが気持ちよさそうに揺れていた。

 フォノトーンズの演奏は、伊地知とベースの猪股ヨウスケのセッションから始まった。ツアーの最後を惜しむようにゆっくりと音を編み上げていく。カンフースーツで撮影したミュージックビデオが話題を集めた「Saturday 少林 Fever」では、弾むリズムを中華街に響かせた。

 アルバムに収録した「Cassini」では、浮遊感があるペダルスチールの音が、波紋のように会場に広がっていく。来場者は、20年に渡り宇宙を飛行した土星探査機の壮大な旅を思わせる演奏に耳を傾けていた。

 アンコールではフォノトーンズが原曲を作った「Mr.Hyde」を、玉田とともに披露。伸びやかに展開するキーボードの音は、見たことがない場所に聴き手をいざなう。刻むドラムは星の瞬きのようなきらめきをまとい、会場を輝かせる。宇宙空間をすいすいと進むような軽やかなピアノは、音を重ねるごとに深化していく2グループの拡大する未来を感じさせた。

 フォノトーンズの宮下広輔は、「昨年(玉田と)出会って急に親しくなって、いまでは昔から知っていたかのような関係になった。一緒にアルバムを作りツアーもできて、横浜でファイナルを迎えることができたのは奇跡」と感謝していた。

 2グループは24日、福岡Keith Flack(福岡市中央区)で、クリスマスライブを行う。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR