〈時代の正体〉さらばツイッター ある在日コリアンの決別宣言|カナロコ|神奈川新聞ニュース

〈時代の正体〉さらばツイッター ある在日コリアンの決別宣言

記者の視点=デジタル編集委員・石橋 学

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2017/12/01 05:47 更新:2017/12/09 03:19

屈せず、諦めず


 自分だけ守られればよい、などと思ったことは一度もない。個人的な問題ではないからだ。

 法務省がことし3月に公表した外国人住民実態調査報告書は、在日外国人が広く日常的に受けているインターネットによる差別の一端を伝える。

 「日本に住む外国人を排除するなどの差別的記事、書き込みを見た」は41・5%に上り、「自分のインターネット上の投稿に、差別的なコメントを付けられた」は4・3%。「差別的記事、書き込みが目に入るのが嫌で、そのようなインターネットサイトの利用を控えた」は19・8%、「差別を受けるかもしれないので、インターネット上に自分のプロフィールを掲載するときも、国籍、民族は明らかにしなかった」は14・8%だった。

 さらに回答者の内訳を国籍・地域別にみると、ヘイトスピーチの標的になっている在日コリアンにより大きな実害が生じていることがうかがえる。「差別的記事、書き込みを見た」は全体では41・6%だが、韓国では67・7%、朝鮮は78・3%に跳ね上り、「インターネットサイトの利用を控えた」は全体の19・8%に対し、韓国が37・0%、朝鮮が47・8%。「国籍、民族は明らかにしなかった」は14・9%から、韓国で27・4%、朝鮮で52・2%、「差別的なコメントを付けられた」は4・3%から、韓国で6・4%、朝鮮で8・7%となり、軒並み平均を大きく上回っている。

 ネット利用を控えたり、利用方法を変えたりするという実害が生じ、マイノリティーの社会につながる回路が断たれている。その場その場で傷つけられるだけでなく、自分が自分であるかけがえのない人生が奪われている。

 差別に甘んじているような態度を子どもたちに示すわけにはいかない。仕方がないとやり過ごすわけにいかない。在日コリアンであることに肯定的なイメージを持つことができず、高校3年生の秋まで日本名を名乗る「隠れコリアン」だった崔さんは、そんな思いが強い。

 差別のない「共に生きる」まちづくりを手がける社会福祉法人青丘社の職員として、さまざまなルーツを持つ地域の子どもたち、若者たちが交流する施設「川崎市ふれあい館」で働き20年余、民族名で堂々と生きる姿を子どもたちに示すことが役目と、自らに任じてきた。絶やさぬ笑顔が、違いこそは豊かさだと伝えてきた。

 だからアカウントにはもちろん本名を使った。実名で報じられることもいとわなかった。

 差別は、差別される側に原因があるのではない。差別をする側と、それを許す社会がいけない。在日コリアンであるというだけで差別され、その上、排斥の言葉までを投げつけられる社会のままであって、これからを生きる子どもたちが、どうしてありのままの自分を生きられよう。

 そのまぶたに一つのツイートが焼き付く。

 〈嫌なら見なければいい〉

 見ている自分がいけないというのか。断じて、違う。学校でいじめられている子に対し、先生は目をつぶり、耳をふさいでやり過ごしなさいとは言わない。いじめている側にやめなさいと注意をし、言葉のつぶてを取り上げるはずだ。

 崔さんはあらためて言う。

 「自分たちで決めたルールなのだから、違反しているツイートを削除し、アカウントを停止するのは特別なことではなく、当たり前なはず。ましてやツイッターは公共の場と呼べる存在。そこが差別者の居場所、活躍の場となり、差別の現場になっているという自覚を持ってほしい」

 屈したわけではない。諦めたわけでもない。

 ツイッターをやめた翌日、東京・下北沢の小さな書店に崔さんは向かった。...

PR