米軍機墜落受け、再発防止を要請 大和、綾瀬市長|カナロコ|神奈川新聞ニュース

米軍機墜落受け、再発防止を要請 大和、綾瀬市長

 米原子力空母「ロナルド・レーガン」艦載のC2輸送機が22日、沖ノ鳥島沖海上で墜落したことを受け、大和市の大木哲市長と綾瀬市の古塩政由市長は24日、それぞれ文書で米海軍厚木基地(大和、綾瀬市)に対して再発防止と航空機の安全確保の徹底などを求めた。

 大和市の井上昇副市長と綾瀬市の見上修平副市長がそれぞれ同基地を訪れ、要請文を基地側に手渡した。大和市によると基地側は「内容は司令官に伝える。航空機の安全な運航には最大限努力していく」と述べたという。

 また、在日米軍基地に関係する県と県内9市でつくる県基地関係県市連絡協議会も同日、C2輸送機の墜落の原因究明や再発防止を米側に求めることを防衛相宛てに文書で要請した。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR