みなと&わたし:MM21原点知る史料 横浜ランドマークタワー3階銘板|カナロコ|神奈川新聞ニュース

みなと&わたし:MM21原点知る史料 横浜ランドマークタワー3階銘板

第2号ドックの銘板=横浜ランドマークタワー

 横浜・みなとみらい21(MM21)地区のシンボルの一つ、横浜ランドマークタワー。3階オフィスロビーからは、「ドックヤードガーデン」を一望できる。1897年から使用された「横浜船渠(せんきょ)第2号ドック」を解体、再現したものだ。

 ロビーの一角には、「建基式記念」と刻まれた金属の銘板を展示している。第2号ドック建造に携わった設計者や関係者の名前が並ぶ。1990年の解体作業中に、敷石の下から発見された。

 横浜都市発展記念館(横浜市中区)の主任調査研究員、青木祐介さん(44)は「MM21の原点をたどれる貴重な史料」と話す。記念館では現在、企画展「ウォーターフロント・シティ横浜 みなとみらいの誕生」を開催中。来年1月8日まで。

PR