ぶらり♪:野毛 「横浜漁酒場 まるう商店さん」三浦地魚どっさり盛|カナロコ|神奈川新聞ニュース

ぶらり♪:野毛 「横浜漁酒場 まるう商店さん」三浦地魚どっさり盛

「三浦地魚どっさり盛」

他の写真を見る
地の刺身がたっぷり
 三浦半島の魚や野菜を使った料理をメインに提供する野毛地区の居酒屋。人気は、自社で入札して直接仕入れた地魚をたっぷり使った「三浦地魚どっさり盛」(2138円)だ。

 名前の通り、9~10種類の刺し身をたっぷりと盛り込んだ一品。取材時は、キンメダイ、クロムツ、コウイカ、スズキ、アカヤガラなど9種類を使用。使う魚は日や時間によって変わる。

 県内の蔵元の日本酒が味わえ、「横浜醤油(しょうゆ)」や「岩井の胡麻(ごま)油」を使うなど地産地消にこだわる。店長の佐竹忠将さん(31)は「生産者さんの思いと誇りをお客さまに伝えたい。地の魚や野菜、酒がこんなにおいしいのだと知ってほしい」と強調した。

横浜市中区宮川町2の49の2。桜木町駅徒歩5分。午後5時~11時ラストオーダー(日・祝日は同10時ラストオーダー)。不定休。電話045(326)6533。


COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR