秋季キャンプ打ち上げ帰浜 狩野と笠井高評価 首脳陣投票のMVPに|カナロコ|神奈川新聞ニュース

秋季キャンプ打ち上げ帰浜 狩野と笠井高評価 首脳陣投票のMVPに

 横浜DeNAは19日、鹿児島・奄美大島で今月3日から若手メンバー中心で行っていた秋季キャンプを打ち上げ、横浜に戻った。リーグワーストに終わった盗塁数を増やすための練習などに時間を割いたといい、ラミレス監督は「キャンプではシーズン中に足りなかったものに集中して取り組めた。満足できている」と振り返った。

 恒例となった首脳陣の投票によるMVPは投手が育成選手の笠井、野手は狩野が選ばれた。ともに今季は1軍昇格を果たせなかった23歳。ラミレス監督は「狩野は驚くほど向上した。笠井は1軍レベルで活躍できる素質がある」と高評価を与え、来年2月の春季キャンプでの1軍スタートを示唆した。

 奮起が期待される狩野は「継続的にオフも取り組み、来年の勝負の年に挑みたい」と話し、笠井も「まずは支配下(登録)を通過して、1軍で勝利に貢献したい」と意欲を見せた。

 また同日、筒香や梶谷ら主力組が...

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR