聖夜彩る情熱の赤|カナロコ|神奈川新聞ニュース

聖夜彩る情熱の赤

出荷期を迎え温室内を深紅に染めるポインセチア=平塚市上吉沢

 クリスマスを赤く彩るポインセチアが出荷期を迎えた。平塚市に唯一ある鉢物栽培農園の「花工場」(同市上吉沢)の温室では、市場に送られる鉢植えがずらりと並び、室内を深紅に染めている。

 「レッドソウル」や「アーリーレッド」など定番のものに加えて、まだら模様の「ジングルベル」も存在感がある。淡色系の「モネアーリー」の栽培にも取り組む同農園の二宮光正社長(60)は、病害虫対策としてアルミシートを敷いて下からも日光を当て、薬剤使用を軽減するなど工夫を重ねている。「半年がかりで育てた植物なので長く持たせてほしい。クリスマスの一般家庭や店舗での飾り付けに、地場産のものを活用して」と呼び掛けた。

 4~6号鉢で栽培され、5号で800~千円。農園での直売とJA湘南大型農産物直売所「あさつゆ広場」(同市寺田縄)で購入できる。問い合わせは、花工場◆0463(59)4343。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR