横須賀の空き家で味わう「おかみさんレシピ」|カナロコ|神奈川新聞ニュース

横須賀の空き家で味わう「おかみさんレシピ」

「おかみさんレシピ」の料理を食べながら交流する参加者ら=横須賀市追浜南町

他の写真を見る
 大学生が空き家を改修して整備した横須賀市追浜南町の地域交流拠点で10月31日、「おかみさんキッチンin空き家おっぱまのま」と題した交流イベントが開かれた。地元住民のほか、企業や行政関係者ら約50人が参加。神奈川新聞での連載をまとめたレシピ集「横須賀佐島 魚行商のおかみさんレシピ」の執筆者・福本育代さん(73)自らが台所に立ち、横須賀で水揚げされた新鮮な魚介類を使った料理を振る舞った。

 イベントが開かれたのは、京急線追浜駅から徒歩5分の谷戸地域にある木造住宅で、その名も「おっぱまのま」。関東学院大学(横浜市金沢区)の学生が築70年ほどと老朽化が進む空き家を1年半かけて改修し、地域の交流拠点として整備している。

 レシピ集は100回の本紙連載記事をまとめた。福本さんは佐島に唯一残る魚の行商で、レシピ集掲載の「タチウオのピザ風」や「タコめし」、「キハダマグロのカルパッチョ」など5品を提供。管理栄養士を目指す同大の学生7人も「ほうれん草と豆腐の白あえ」や豆乳を使ったカボチャスープなど4品を作った。

 参加した近くに住む田村寛子さん(60)は「地元の魚を使った料理でおいしかった。この交流拠点にもまた来たい」と笑顔。福本さんも「皆さんがおいしいと言ってくれてうれしかった。今後は世界中に魚のおいしさを広めたい」と話した。

 イベントには横須賀市の上地克明市長や、かながわ信用金庫の平松廣司理事長、京急電鉄の原田一之社長らも参加。改修を手掛けたプロジェクトの代表で同大3年の小池悠介さん(20)は「今後も定期的にイベントを開き、空き家問題について知ってほしい」と話した。

 住宅の脇には葉山町在住の松本信夫さんが開発した生ごみ処理器「キエーロ」も設置された。箱の中の土に生ごみを埋めると微生物の働きで処理される仕組みで、この日も魚をさばいた後に出た骨などを入れ、生ごみの減量・資源化につなげた。

◆レシピ集「横須賀佐島 魚行商のおかみさんレシピ」購入方法
ご注文は、メール、FAX、電話でお受けしています。書店流通はありません。メール、FAXでのご注文は、郵便番号・住所・氏名・電話番号・ご注文の冊数を明記の上、下記メールアドレスまたは、FAXにお送りください。

[メール]okami@kanagawa-np.co.jp
[FAX]045(227)0785

電話でのご注文、お問い合わせは、平日の午前9時半~午後6時に、045(227)0850にお願いします。

◆配達方法
郵便局員が代引きで配達にうかがいます。本代とは別に郵便料金+代引手数料がかかります。
【料金】
●1冊:2,310円 (本代1,620円+郵便・手数料690円)
●2冊:3,980円 (本代3,240円+郵便・手数料740円)
●3冊:5,600円 (本代4,860円+郵便・手数料740円)
●4冊:7,430円 (本代6,480円+郵便・手数料950円)
5冊以上の場合は、上記のメール、FAX、電話番号へお問い合わせください。

※不在の際には不在連絡票をお入れいたします。お届けの日時指定はできません。不在連絡票投函後の郵便局での保管期間は1週間です。期間を過ぎると返却されてしまいます(郵便・手数料はお客さま負担)。再送には再度手数料がかかりますので、ご注意ください。

PR