水着転売詐欺で消防士長を停職 平塚市|カナロコ|神奈川新聞ニュース

水着転売詐欺で消防士長を停職 平塚市

 平塚市は27日、詐欺と詐欺未遂の容疑で警視庁八王子署に逮捕された市消防本部の30代の男性消防士長を停職3カ月とする懲戒処分にした。

 市によると、消防士長は7月までに会員制交流サイト(SNS)を通じて「お金がない海外の水泳チームに協力を」とする虚偽のメッセージを送り、知人ら12人から水着計61着を譲り受け、うち44着を転売して約17万円を得た。

 同署の調べに対して「転売して小遣いにしようと思った」などと容疑を認めていたが、被害者との示談が成立、9月に不起訴処分となったという。

 平塚市消防長は「消防に対する市民の信用を著しく損なうもので大変遺憾。信頼回復に向け職員の服務規律の順守に一層努める」と謝罪した。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR