慈善寄席で雫さん救え 心臓移植資金募る 11月チャリティー寄席|カナロコ|神奈川新聞ニュース

慈善寄席で雫さん救え 心臓移植資金募る 11月チャリティー寄席

闘病生活を送る岡崎雫さん(救う会提供)

 重い心臓疾患を患う横須賀市立森崎小学校2年の岡崎雫さん(7)の米国での心臓移植の資金を募るため、チャリティー寄席が11月10日、同市衣笠栄町の市はまゆう会館で開かれる。

 岡崎さんは、難病の「左室心筋緻密化障害」を患い、都内の病院で入院生活を送る。心臓移植以外に助かる道はないといい、7月に両親や知人らが「しずくちゃんを救う会」を発足。約3億円を目標に募金活動を行っている。

 チャリティー寄席は、衣笠商店街の主催。東日本大震災の被災地支援のために定期的に開催されており、今回は地元の岡崎さんの力になろうと企画された。

 落語家の柳家花緑さんら4組が出演。入場料は2500円で、うち500円が「救う会」に寄付される。

 午後6時開演。問い合わせは、衣笠商店街サービスセンター電話046(853)8686。

PR