神奈川県内沿岸で高潮被害 店舗大破、住宅浸水も|カナロコ|神奈川新聞ニュース

神奈川県内沿岸で高潮被害 店舗大破、住宅浸水も

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2017/10/24 02:00 更新:2017/10/25 11:43
 超大型の台風21号が通過した23日、神奈川県内の沿岸各地で高潮と高波の被害が相次いだ。三浦市の城ケ島では飲食店などが大破し、横須賀市内では多数の住宅が浸水。藤沢市の江の島ではヨットが横倒しになるなど被害が多発した。ただ、各市町とも全容はつかめておらず、確認を急いでいる。

 三浦市・城ケ島の灯台近くでは、飲食店や倉庫など数棟が大破。横須賀市の久里浜港付近は高潮の影響で住宅やアパートなど10棟ほどが浸水し、通行止めになった海沿いの県道では堆積した砂の撤去作業が夜まで行われた。

 両市の相模湾側に加え、平塚、鎌倉、逗子の各市や葉山町でも高潮が原因とみられる被害の情報が寄せられており、各市町が調査を進めている。

 江の島も被害が目立ち、保管されていたヨットが相次ぎ転倒。防波堤脇の県営駐車場は路面が波打つなど激しく損傷し、観光名所の「江の島岩屋」も立ち入り禁止になった。

 横浜地方気象台は22日夜の段階で高潮警報を発表。23日朝には三浦市で本来の潮位より70センチ程度高い状態が観測され、小田原でも潮位が1メートル以上高い時間帯があった。気象台は「高潮で潮位が高まった状態に高波が加わり、破壊力が大きくなった」とみている。

 今回の台風では、横浜、茅ケ崎、逗子市で計7人が強風で転倒するなどして重軽傷。川崎市内では台風通過後の風の影響などで4人が負傷した。風雨の影響によるJR各線の遅れや運休は計173本に上り、約14万6千人に影響。延べ約16万5千軒が停電した。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR