米軍機墜落“事件”横浜と沖縄【18】危険 今も隣り合わせ|カナロコ|神奈川新聞ニュース

米軍機墜落“事件”横浜と沖縄【18】危険 今も隣り合わせ

 機影が迫る。頭上を通り過ぎた瞬間、耳をつんざくようなごう音が降り注ぎ、地面を揺らす。

 9月5日正午前。戦闘攻撃機が米海軍厚木基地(大和、綾瀬市)の滑走路を空母の甲板に見立て、着地後すぐに急上昇する「タッチ・アンド・ゴー」を間断なく繰り返した。

 横須賀基地(横須賀市)を母港とする原子力空母ロナルド・レーガンの艦載機部隊による陸上空母離着陸訓練(FCLP)。厚木基地で5年ぶりに行われ、4日間の訓練期間中、近隣自治体には900件を超える騒音苦情が寄せられた。

 その陰で事故につながりかねない事態も起きていた。...

この記事が読めるプランは次の通りです。
カナロコ プレミアム 、カナロコ PLUS 、時代の正体プラン 、事件の現場プラン 、バリュープラン

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR