小池代表が初の県内入り 危機感あらわに「安倍1強ノー」|カナロコ|神奈川新聞ニュース

小池代表が初の県内入り 危機感あらわに「安倍1強ノー」

演説する希望の党の小池代表=小田急線相模大野駅北口

 希望の党代表の小池百合子東京都知事が12日、衆院選公示後初めて重点区の神奈川に入り、川崎、武蔵溝ノ口、相模大野、桜木町の各駅頭を回って「安倍政権にノーを突き付けられるのは希望の党だけ」と支持を呼び掛けた。

 小池氏は各地の公認候補と共に壇上に立って演説。各種世論調査で与党が300超の議席を獲得する見通しとなっていることを念頭に「このまま安倍1強を続けていくんですか」と危機感を表明した。

 さらに森友・加計学園問題を引き合いに「緩みを正さなければいけない」と政権を批判し、情報公開や税金の有効活用(ワイズ・スペンディング)を徹底する必要性を強調した。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR