自供「脳梗塞が契機」 逮捕前、聴取で説明 宮前トンネル女性刺殺事件|カナロコ|神奈川新聞ニュース

自供「脳梗塞が契機」 逮捕前、聴取で説明 宮前トンネル女性刺殺事件

 川崎市宮前区のトンネルで2006年9月、近くに住むアルバイト女性=当時(27)=が刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された男(37)が逮捕前の任意の聴取で関与を認めた際、「脳梗塞を患い心境が変化した」との趣旨の説明をしていたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、別の通り魔事件で有罪が確定し服役中だった同容疑者は昨年1月、刑務所から宮前署に宛てて捜査員との面会を求めるはがきを出した。事件から10年近くを経て自供した理由について、体調を崩したことが契機になったと話したという。

 同容疑者は07年4月、殺害現場から南に約1・5キロの路上で、通りすがりの女性(40)を刃物で刺して重傷を負わせたとして逮捕された。殺人未遂の罪に問われた公判では起訴内容を一貫して否認し無罪を主張、殺人事件への関与を問われても「お答えできません」と繰り返していた。

 また、逮捕前の事情聴取で同容疑者が「刑務所を出たらまたやってしまうかもしれないと思った」と打ち明けていたことも判明した。

 県警は同日、殺人容疑で送検した。

PR