被害100人超か 茅ケ崎・大会Tシャツ炎症容疑 薬剤製造者が書類送検|カナロコ|神奈川新聞ニュース

被害100人超か 茅ケ崎・大会Tシャツ炎症容疑 薬剤製造者が書類送検

 茅ケ崎市で昨年9月に開催されたマリンスポーツの大会で、配布されたTシャツを着た選手らの皮膚にやけどのような症状が出た問題で、県警が業務上過失傷害の疑いで製作に携わった京都市山科区の薬剤開発会社の男性社員2人を12日にも書類送検することが、捜査関係者への取材で分かった。被害を訴えている人は100人を超え、後遺症で手が上がらなくなっている人もいるという。...

この記事が読めるプランは次の通りです。
カナロコ プレミアム 、カナロコプラス 、時代の正体プラン 、事件の現場プラン 、バリュープラン

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR