米軍機墜落“事件”横浜と沖縄【11】「命は一つ」劇に込め|カナロコ|神奈川新聞ニュース

米軍機墜落“事件”横浜と沖縄【11】「命は一つ」劇に込め

元教師 宜野座映子さん

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を見下ろす「嘉数高台」。住宅街の小高い丘は沖縄戦当時、日米多くの兵士が命を落とした激戦地だった。

 「じーじのお父さんもここにいたんでしょ? どうして? せんそうって?」。週末の午後、階段を下りながら男の子が父親に尋ねる。「殺されるのに、なんでここに来たの?」。幼い姉も質問を重ねる。2人の曽祖父が戦死したのだろう。「もっと大きくなったらまた話そう。分かるようになってるよ」。父親は優しく応じ、ベンチで待つ妻のもとに歩を進めた。

 沖縄では日々の暮らしに「戦争」が溶け込む。さまざまな人がさまざまな形で「平和」を伝える。

 舞台もその一つ。1959年6月30日、児童ら18人が犠牲となった宮森小学校(同県うるま市)の米軍機墜落では...

この記事が読めるプランは次の通りです。
カナロコ プレミアム 、カナロコ PLUS 、時代の正体プラン 、事件の現場プラン 、バリュープラン

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR