高校生がプロから経済学ぶ 横須賀|カナロコ|神奈川新聞ニュース

高校生がプロから経済学ぶ 横須賀

経済の基礎を学ぶ生徒ら=三浦学苑高

 高校生が証券会社の社員から金融や経済の基礎を学ぶ授業が2日、私立三浦学苑高校(横須賀市衣笠栄町)で開かれた。1年生約30人が株式投資の魅力や株式市場の役割などを学んだ。

 社会科の授業の一環で開かれ、野村証券横須賀支店の支店長らから、株主優待制度や日経平均株価の意味、債券と預金の違いなどについて説明を受けた。

 「株式銘柄を選ぶ上で大事なことは」をテーマにグループでの討論も行われ、生徒からは「ブームの先を見ること」や「配当金が高いもの」といった意見が出された。参加した生徒(16)は「専門家の話は分かりやすく、株に興味を持った」と笑顔で話していた。

PR