【産地直売】田丸園/横浜市泉区 水と肥料にこだわり|カナロコ|神奈川新聞ニュース

【産地直売】田丸園/横浜市泉区 水と肥料にこだわり

買う・食べる@木曜日

アロエベラの手入れをする田丸さん

他の写真を見る
【2017年9月28日紙面掲載】
 のどかな田園風景が続く横浜市泉区和泉町。その一角にある「田丸園」は県内で唯一、アロエ栽培を専業としている。同園を営む田丸孝さん(70)は、「こだわりは、地下60メートルからくみ上げる水と有機肥料。口に入るものだから、消毒剤や殺虫剤は一切使いません」と胸を張る。

 田丸さんが育てるアロエは2種類。細長く葉肉がわずかで苦みがある「キダチアロエ」と、肉厚で葉肉が多い食用向きの「アロエベラ」。特にアロエベラは、透明な葉肉がデザートとしても人気だ。どちらも整腸作用や血圧低下などに効能があるという。

 稲作農家だった父親に代わって家業を継いだのは1981年。米作りの苦労を知っていただけに、米に代わる農作物を求めて都内の植物市場で半年ほど働いた。そこで出合ったのがアロエだった。ちょうど、アロエが健康食品として注目され始めた頃。栽培が盛んな、愛知県・渥美半島や静岡県・伊豆半島の農園で基礎を学び、肥料や土壌作りなどの栽培法は独自に編み出した。「競争相手が多かったからね」と振り返る。

 ブームに乗じて手を広げた園芸農家は県内にもあったが、質の高い商品が県外から入ってくるようになり、やめてしまったところがほとんど。そんな中、田丸さんは、“アロエ一筋”を貫いてきた。葉を食い荒らすアブラムシなどの駆除はすべて手作業で行い、葉の色つやを出すためにハウスの室温は冬場でも10度程度に保っている。

 育てたアロエは、直売のほかインターネットで販売。美容や健康に関心が高い、30~70代の女性客が圧倒的に多く、リピーターがほとんどだという。アロエを使って化粧水を作ったり、ヨーグルトと一緒に食べたり、楽しみ方はさまざまだ。田丸さんのもとには、「肌荒れが無くなった」「シミやシワが薄くなった」「便秘が改善した」といった声も届く。

 「アロエは天然の健康食品。効果は人それぞれだけど、たくさんの人に喜んでもらえることが、何よりも励みになる」と笑顔を見せた。

お薦め品
◇アロエベラ 1枚(400~500グラム前後)400円
◇キダチアロエ 6号鉢700円
 ※いずれも直売価格


ここで買える
☆横浜市泉区和泉町154。横浜市営地下鉄下飯田駅徒歩17分、相鉄線ゆめが丘駅徒歩20分。駐車場あり。4~9月=午前8時半~午後6時/10~3月=午前9時~午後5時(いずれも祝日を除く月曜は午前11時~)。昼休みあり。年末年始休み。インターネット販売は[ホームページ](www.aloemania.jp)から。電話045(800)0820。

※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。価格などは変わっている場合があります。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR