MFマルティノス、差別被害か 横浜F・マリノス|カナロコ|神奈川新聞ニュース

MFマルティノス、差別被害か 横浜F・マリノス

 J1横浜Mは25日、MFマルティノス(26)がSNS(会員制交流サイト)上で差別的な行為を受けたとして、県警に被害届を提出する方向で検討していると発表した。

 マルティノスは24日、人種差別的な書き込みや画像掲載があったことを、自身の公式ツイッターで公表。クラブを通じ「このような悲しいことを自分だけで終わらせるためにも、あえて声を上げることにした」とコメントしている。クラブも「差別的行為をした人物の特定には至っていないが、顧問弁護士と調整の上、厳正に対処していく」としている。

 カリブ海のキュラソー代表でもあるマルティノスは昨年3月に加入後、スピード豊かなサイドアタッカーとしてレギュラーに定着。今季はリーグ戦25試合出場し5得点。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR