全国着付士技能コンクール 着付けの技、佐藤さんが総合優勝|カナロコ|神奈川新聞ニュース

全国着付士技能コンクール 着付けの技、佐藤さんが総合優勝

全国着付士技能コンクールの留め袖の部でモデルに着付けする選手たち

 着物文化と技術を正しく継承していこうと「第16回全国着付士技能コンクール」(中央着付士能力開発協同組合主催、神奈川新聞社など後援)が24日、川崎市川崎区の市立労働会館で開かれ、各地の予選を勝ち抜いた23人が着付けの技を競った。4部門の総合優勝には横浜市金沢区の佐藤とし子さんが輝いた。

 同コンクールは、留め袖、紋服、振り袖、創作帯結びの4部門で行われた。出場者はモデルに手際よく着付け、帯を結んでいった。創作帯結びでは、2009年の新潟国体のマスコット「トッキッキ」の着物に合わせた華やかな結びや、バラとチョウをイメージした結びなどを仕上げ、会場から歓声が上がった。

 尾崎弘子理事長は「着付け技能を国家資格に、とコンクールを始め、実現して8年たった。今後も、着物文化を広げていくため活動していきたい」と気持ちを新たにしていた。

 部門1位は次の通り(敬称略)。
▽留め袖 佐藤とし子(横浜市金沢区)
▽紋服 落合信子(栃木県鹿沼市)
▽振り袖 小宮孝子(東京都大田区)
▽創作帯結び 太田めぐみ(岐阜市)

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR