給食業者「反対派からのリークで騒ぎになった」 大磯町、責任逃れ文書に委託先変更も検討|カナロコ|神奈川新聞ニュース

給食業者「反対派からのリークで騒ぎになった」 大磯町、責任逃れ文書に委託先変更も検討

残食率の高い大磯町の中学校給食。おかずを完食した生徒が1人だった日もあった(町立大磯、国府中学校PTA提供)

 町内に2校ある大磯町立中学校の学校給食で異物混入が相次いだ問題で、町の委託を受けている給食業者が提供先の幼稚園など約30カ所に事実とは異なる内容の文書を配布していたことが22日、分かった。事実誤認のほか、責任逃れとも受け取られかねない記述もあり、町側は委託先の変更も含めて検討に入った。

 文書は、給食業者が提供している県西部の私立幼稚園などから問題の説明を求められ、19日に配布。社長名に社印が押され、▽異物混入が100件とあるが90%以上は髪の毛。弊社で混入したと考えにくい案件も含む▽(大磯町の)1校にのみ100件の異物混入は製造比率からみてもおかしい-などとしている。だが、町は20日の会見で「異物混入は84件。工場での混入が明らかな15件のうち髪の毛は3件あった」などと発表していた。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR