国会前に「今すぐ廃止」の声 安保法2年で1万人超が参加|カナロコ|神奈川新聞ニュース

国会前に「今すぐ廃止」の声 安保法2年で1万人超が参加

安保法制の廃止や安倍政権の退陣を求める集会の参加者ら=19日午後7時ごろ、東京・千代田区の国会正門前

他の写真を見る
【時代の正体取材班=田崎 基】「安全保障関連法制」が強行採決されてから2年となる19日、国会正門前では市民団体が「戦争法・共謀罪の廃止と安倍内閣退陣を求める大集会」と銘打って大規模な抗議行動を行った。市民団体のメンバーのほか野党幹部も駆け付け、集会には1万500人(主催者発表)が詰め掛けた。「安倍政権は退陣!」「戦争法は今すぐ廃止!」。掲げられたプラカードとともに声が響いた。

 教育学者で学習院大教授の佐藤学さんは「安倍政権は全てを私物化していく。そして臨時国会の冒頭で解散すると言い出している」と批判。「安保法制が成立して日本のリスクは減ったのか。安倍政権と集団的自衛権がリスクを高めているではないか」と訴えた。

 安保法制は2年前の2015年9月19日未明、野党議員らが猛反発し、国会周辺でも数千人が抗議する中、強行採決された。その後、南スーダンに派遣された陸上自衛隊の部隊に付与した「駆け付け警護」や、海上自衛隊が米軍の艦船を守る「米艦防護」の任務などで運用が始まっている。

 集会の主催団体「戦争させない・9条壊すな!総がかり実行委」は毎月19日に国会正門前で抗議集会を重ねてきた。この日はあらためて、現状のままでは米国の戦争に巻き込まれるのではないかという懸念が示され、安倍政権の早期退陣を求めた。

 マイクを握った「安保法制に反対するママの会」の澤口香織さんは10月にも衆院選が行われる見通しを踏まえ、「野党と市民の共闘しかない。私たちは1人ではない。後悔しないために共に闘いましょう」と呼び掛けた。横浜市から訪れていた女子大学生(19)は「米国の言いなりになって安保法を作り、このまま戦争になったら大変なことだ。廃止に向けて声を上げなければいけない」と思いを新たにしていた。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR