ドキュメント経営者 思いも掛けぬ社長就任 すべては挑戦の先に|カナロコ|神奈川新聞ニュース

ドキュメント経営者 思いも掛けぬ社長就任 すべては挑戦の先に

富士通ゼネラル社長・斎藤悦郎さん(5)

 2011年に経営執行役常務に就任し、海外営業本部長代理を兼務した。空調機の省エネ基準が厳格化された中東市場で、いち早く現地と緊密に連携。開発部門の奮闘で、短期間で基準に適合する新製品を競合メーカーに先駆けて送り出し、ブランドの信用力を高めた。還暦が近づき、第二の人生への青写真を具体的に描き始めたのもこのころ。そんな折、14年のクリスマスイブに当時の村嶋純一社長(現会長)に呼び出された。思いも掛けぬ社長就任の打診だった。

 「当時の大石侊弘会長からも『会社が好きならやってみろ』と。従来、(筆頭株主の)富士通から社長を迎えていたので、まさかという思いだった。正月休み明けに返事をくれ、と言われたが、実に気の重い正月になった」

 逡巡(しゅんじゅん)する中で思いを巡らせたのは、海外事業を軸にした自身の40年近い会社員人生。...

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR