やまゆり園再生の費用「今後精査」 県議会本会議で知事|カナロコ|神奈川新聞ニュース

やまゆり園再生の費用「今後精査」 県議会本会議で知事

 県議会第3回定例会は13日、本会議を開き、公明党の亀井貴嗣(横須賀市)、県政会の相原高広(川崎市麻生区)、共産党の君嶋千佳子(同市中原区)の3氏が代表質問を行った。

 45人が殺傷された県立障害者施設「津久井やまゆり園」を現在地と横浜市港南区の芹が谷地域に分散整備する費用について、黒岩祐治知事は「それぞれの施設規模や整備手法によって変わるので、現時点で確たるものは示せないが、当初の概算費用(60億~80億円)をベースに今後精査していきたい」と述べた。

 財源確保に向けては、国への働き掛けのほか、民間資金を活用した整備手法の検討なども含め対応していく考えを示した。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR