川崎市消防局航空隊の新庁舎完成 東京ヘリポート|カナロコ|神奈川新聞ニュース

川崎市消防局航空隊の新庁舎完成 東京ヘリポート

15日から本格稼働

  • 神奈川新聞|
  • 公開:2017/09/14 02:00 更新:2017/09/14 02:00
 東京ヘリポート(東京都江東区新木場)を拠点とする川崎市消防局航空隊の新庁舎が完成し、15日から本格稼働する。同じヘリポート内での移転で、格納庫の拡大や訓練室設置など機能を強化。市内の河川や工場、高層ビルでの災害に加え、県内の山岳事故への出動にも備える。

 ヘリコプター2機を保有する同隊の新庁舎は、敷地面積約900平方メートルで鉄骨4階建て。1991年に建てられた旧庁舎は老朽化に加え、ヘリの離着陸経路に近く警備上の課題もあったため、西側に約40メートル移転して新築した。同ヘリポートは東京消防庁や警視庁、民間会社のヘリなども使用している。

 新庁舎では1階のヘリ格納庫を従来より広げ、すべての整備作業が行えるスペースを確保。2階には資機材が置ける倉庫、3階は会議室や事務室などを整備。4階には食堂や、新たに仕切りを設けた6人分の男性用仮眠室、浴室などがある。今後女性が入隊する場合に備え、女性用の仮眠室や浴室も新設した。

 以前は市消防訓練センター(宮前区)などで行っていた、ヘリからの降下訓練を実施できる訓練室も新たに整備。屋外の壁面に取り付けた、ヘリの乗降時の足場となる脚部(スキッド)を使い、4階の窓から地上まで降りる訓練を行う。

 4日には関係者向けの内覧会が開かれ、福田紀彦市長はあいさつで「大きな災害が起きた場合、川崎市(の地形)は細長いが、ヘリがあれば被害状況も素早く把握できる」と重要性を強調した。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR