鎌倉市役所の機械室から煙|カナロコ|神奈川新聞ニュース

鎌倉市役所の機械室から煙

 13日午後3時ごろ、鎌倉市役所1階の機械室の空調制御盤から煙が出ているのを、巡回中の委託業者が発見した。市管財課によると、すぐに煙は収まり被害はなかったが、2階の空調の一部が使えない状態という。

 消防が現場検証を行い、制御盤(1968年製)の電流計の劣化が原因とみられる。空調制御盤の点検は年に1回で、前回は先月に行っていたが異常はなかった。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR