公民館有料化案が通過 相模原市議会常任委|カナロコ|神奈川新聞ニュース

公民館有料化案が通過 相模原市議会常任委

減免団体「3割程度」

 市立公民館を有料化する条例案が13日、相模原市議会9月議会市民文教常任委員会で審議され、賛成多数で通過した。29日に開かれる市議会本会議で採決される。また有料化に反対する陳情15件は同委員会で「不採択とすべき」とされた。傍聴席は開始から多数の市民で埋まり、審議に注目が集まった。

 市生涯学習課の答弁によると、市内32館を利用しているのは約6800団体。市は条例案に「特に公益性の高い活動団体」を対象に使用料を無料にする減免制度を盛り込んだが、現在活動する団体の「7割程度」が減免にならないと答弁した。

 委員の一人は学習支援団体が減免対象で、主体的に自らが学ぶ団体は対象外の可能性が高いことを問題視。複数の委員から「基準があいまいだ」「利用団体を分断する」「学ぶことに公益性を求めるのは違和感がある」とする指摘が相次いだ。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR