スキマスイッチを“壊し”生まれた新曲“〈下〉|カナロコ|神奈川新聞ニュース

スキマスイッチを“壊し”生まれた新曲“〈下〉

スキマスイッチ=中野サンプラザで行ったライブで

他の写真を見る
 〈積み上げたものぶっ壊して 身に付けたもの取っ払って〉

 20代後半に作った「全力少年」で歌った通り、積み重ねてきたものを守るのではなく、自分たちを次のステージへと向かわせるため、向かい風にあらがってきた。

 アルバム制作を続ける中で、「オリジナルの新曲を作りたい」という熱をため、思いを形にしたのが、2年ぶりに世に放つ4作の新曲だ。

 「いまの僕らに何ができるだろう」「できることを形にしていこう」

 再開した2人のやりとり。常田は結成当時、川崎の梶ケ谷にあった大橋のアパートに、東京の三軒茶屋から、オルガンをたすき掛けにして背負い、原付きを飛ばしたあの日が浮かんだ。

 大橋も、マイクスタンドの代わりにと、姿見にガムテープで掃除機の柄を取り付けて歌い、管理人から苦情を言われたあの時間を思い出した。経験を重ねてきたいま、最初の感覚がよみがえったことは大きな収穫だった。

 「結成したばかりの頃は、やること全てが新しくて、生まれたアイデアが形になることがうれしかった。その中で、早く一人前に見られたいと気を張って、背伸びをしていたところもあった。来年はデビューして15年。手に入れた武器(経験)は最初のころと比べたら格段に増えた。そしてこれからの戦い(制作)に、何を選ぶことが有用か、(失敗しない方法)を選択することができる。でも予測をして、安全に動くのはつまらない。40歳を迎えるいまは、先輩も後輩もいる面白い時期。闘って行きたい」と常田は気を引きしめる。

 新作はCD発売後のライブで演奏することが多いが、「対バンツアー」の間に新曲を披露し、客の反応をうかがった。

 照明が落とされた空間で、語るように言葉を続けた「ミスターカイト」では、月曜日の朝の満員電車での憂鬱(ゆううつ)を歌った。繰り返される日常の中で、よどんでいく心。他者とのあつれきを避け、風に身を任せるが、その“違和感”に気付いたとき、知らなかった自分には戻ることができないと覚醒する。「向かい風」を捉え、加速していく思い。

 〈飽くなき執念を 見定めろ目標を〉

 雑念を払うように、大橋は頭を振り叫ぶ。風に流されるのではなく、自分の心が動く方向を捉えようと空に手を伸ばす。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR