インフルエンザで早くも学年閉鎖 川崎|カナロコ|神奈川新聞ニュース

インフルエンザで早くも学年閉鎖 川崎

 川崎市は11日、インフルエンザの流行に伴い、市立渡田小学校(川崎区)の1年生(5クラス、166人)と2年生(5クラス、162人)を12、13の両日、学年閉鎖にすると発表した。同市内の学級・学年閉鎖は今シーズン初めて。

 市健康福祉局保健所によると、1、2年生の計51人が欠席、3人が早退し、うち22人がインフルエンザと診断された。同市感染症対策課は「かなり早い時期に学級閉鎖があった昨年より、さらに1カ月以上早かった。全市的に流行期に入ったわけではないが、手洗いやうがいの徹底など、十分注意してほしい」と呼び掛けている。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR