「健康経営」を支援 新横浜駅そばに拠点オープン|カナロコ|神奈川新聞ニュース

「健康経営」を支援 新横浜駅そばに拠点オープン

 従業員の健康づくりを経営的視点から考え実践する「健康経営」を支援していく「新横浜ウエルネスセンター」が7日、横浜市港北区の新横浜駅のそばにオープンした。健診業務代行などを手がけるバイオコミュニケーションズ(同区)が横浜市の助成を受け、運営する。同日はオープニングセミナーも開かれ、市内企業の経営者や人事労務担当者など約40人が出席した。

 より多くの企業に健康経営を推進してもらったり、健康管理への関心を高めてもらったりすることを目的とした拠点で、市によると県内初。健康経営に関するセミナーや健康状態をチェックする体験会などを無料で定期開催するほか、...

PR