介護施設向け、国有地貸し出し 賃料減額は神奈川県内初|カナロコ|神奈川新聞ニュース

介護施設向け、国有地貸し出し 賃料減額は神奈川県内初

 財務省横浜財務事務所は7日、県内の社会福祉法人に遊休国有地を貸し出す契約を8月末に結んだと発表した。同事務所によると、介護施設整備を目的に国有地の貸し出しで賃料を減額する県内初の事例という。

 国有地は、小田急線善行駅(藤沢市)の西側の国土交通省職員宿舎跡地で、約2400平方メートル。定期借地として今月1日から50年間貸し出す。10年間は賃料を減額し、11年目以降は通常の賃料に戻す。具体的な減額幅は非公表。

 土地は2015年3月末、国交省から財務省へ移管された。今後、社会福祉法人が特別養護老人ホームを整備し、19年4月に...

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR