消防長、公用車に家族乗せる 鎌倉市|カナロコ|神奈川新聞ニュース

消防長、公用車に家族乗せる 鎌倉市

 鎌倉市は6日、消防長の50代の男性が出勤途中で公用車に息子を乗せていたと明らかにした。市は詳細を調査し、処分などを決める。

 市総務部によると、消防長はことし1月、出勤時に人身事故でJR横須賀線が運休していたため、出動要請が想定されることから公用車での出勤を判断。市立学校の教職員の息子から「運休で出勤できない」と連絡を受け、途中で息子を乗せ、直線距離で約5キロ離れた消防本部(同市大船3丁目)の近くで降ろした。6日の市議会本会議で発覚した。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR