三浦振興に学生がサイクリングコース デートスポット、写真映え景観…|カナロコ|神奈川新聞ニュース

三浦振興に学生がサイクリングコース デートスポット、写真映え景観…

自転車を活用した観光振興のプロデュースに挑戦する学生

他の写真を見る
 自転車で新たな三浦市内の観光をプロデュースしようと、大学生が知恵を絞っている。2回のワークショップを通じて、市内を巡るお勧めのサイクリングコースを作成しインターネット上に公開、レンタサイクルを活用したキャンペーンも企画する。大学生の視点でサイクリングコースを設定することで若い世代の誘客を目指す。

 ワークショップは市などでつくる「みうらレンタサイクル運営協議会」と三浦半島エリアの活性化に取り組む「三浦半島地域活性化協議会」などが開催。活性化協議会メンバーの関東学院大と横浜市大の学生ら13人が参加した。

 初日となった1日は、3グループに分かれ、市内全域や横須賀の一部をレンタサイクルで周遊。気に入った場所を写真に収めた。複合施設「うらり」(三浦市三崎)では、剱埼灯台(同市南下浦町松輪)などの有名どころから街のパン屋まで、担当エリアで見つけたお勧めのスポットをコースに盛り込む作業を行い、各グループが発表。「デートスポットとして注目」「景色も良くて写真は(画像共有アプリ)『インスタグラム』で映える」などとPRした。

 ワークショップは11日にも催され、11月から開催されるキャンペーン内容を決める。自転車で店舗などを訪れると優待が受けられることを予定しており、学生は参加店との交渉も担う。

 参加した関東学院大1年の早川歩実さん(18)=横浜市鶴見区=は「三浦の風景を楽しんでもらえるコースを作りたい」と意気込んでいた。

 学生作成のコースは、ワークショップを共同で開催するウェブサービス運営会社「自転車創業」のスマートフォン専用サイト「FRAME OUT」(https://out.frame.im/)で公開する予定。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR