流しそうめん満喫 横須賀の児童養護施設|カナロコ|神奈川新聞ニュース

流しそうめん満喫 横須賀の児童養護施設

流しそうめんを楽しむ子どもたち=春光学園

 横須賀市小矢部の児童養護施設「春光学園」で26日、地域住民や関係者らを招いて流しそうめんを楽しむ恒例のイベントが開かれた。約170人が蒸し暑い中で「夏の涼」を堪能した。

 日ごろから同施設を支援する関係者らへの感謝の気持ちを込めて開催。児童相談所職員や民生委員ら約90人が招待され、施設の子どもたちと交流した。

 会場には長さ約12メートルの流しそうめん台が設けられ、地域住民や子どもたちが冷たいそうめんをおいしそうに頬張った。大道芸人によるパフォーマンスも披露され、イベントを盛り上げた。

 市内に住む主婦の大井富江さん(67)は「毎回参加しており、子どもたちの成長する姿を見るのも楽しみ」。流しそうめんは初めてという孫(3)は「めんが流れるのはびっくり。面白かった」と笑顔だった。

PR