スライム作りに挑戦 伊勢原で子どもら|カナロコ|神奈川新聞ニュース

スライム作りに挑戦 伊勢原で子どもら

割り箸で洗濯のりなどをかき混ぜ、スライムを作る子どもたち=伊勢原市青少年センター

 夏休みを利用し、小学生が工作や実験を行うイベント「ふれあい工作ランド」が26日、伊勢原市田中の市青少年センター体育館で開かれた。

 市内の7児童館と市青少年指導員連絡協議会が、紙飛行機やキーホルダーなどを手作りするブースを設置。子どもたちは指導役の中学生や高校生らからアドバイスを受けながら、紙を切ったり、色を塗ったりして工作を楽しんだ。理科の実験ショーも行われ、熱心に見学していた。

 小学校1年の児童(6)は弟と洗濯のりとホウ砂水をかきまぜるスライム作りに挑戦。「難しかったけれど、とても面白かった」と喜んでいた。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR