【産地直売】伊賀果樹園/横浜市泉区 もぎたて果実をどうぞ|カナロコ|神奈川新聞ニュース

【産地直売】伊賀果樹園/横浜市泉区 もぎたて果実をどうぞ

買う・食べる@木曜日

伊賀果樹園園主の小菅さん

他の写真を見る
【2017年8月10日紙面掲載】
 「一番おいしい、もぎたてを味わってもらいたいから」-。たわわに実った果実を手に、園主の小菅伊光(いこう)さん(68)はほほ笑む。横浜市泉区下飯田の緑豊かな土地で、先代から70年にわたり「伊賀果樹園」を営む。180アールという広大な敷地でモモ、ナシ、ブドウ、カキなど果樹全般を手掛け、毎年7月下旬から12月まで、築160年の母屋の土間で旬の果物を直売している。モモを扱う直売所は市内でも珍しく、「浅間白桃」「嶺鳳(れいほう)」「川中島白桃」など品種もさまざま。完熟の味を求め、朝早くから列ができ、午前中には売り切れる日もあるほどの人気ぶりだ。

 もともとは野菜を栽培する農家だった。「祖父はキュウリの『相模半白(はんじろ)』の指導者として県内の農家を回っていました」。父親が1941(昭和16)年に庭に5本のナシの木「長十郎」を植えたのが、果樹を始めるきっかけになったという。「果樹園名は父の名に由来しますが、父は伊賀と書いて『ただよし』と読みました」。モモやナシの栽培は地域の先駆けだった。

 毎日の農作業は早朝5時過ぎに始まる。最盛期を迎える夏から秋にかけては、翌日に販売する果実の選別で夜までかかることもある。「手塩にかけただけ、おいしくなる」と小菅さん。5年前から、長女の坂田伊代子さん(35)と夫の知哉さん(35)が栽培に加わった。ブドウの「デラウェア」「サマーブラック」「シャインマスカット」「サニールージュ」は長女夫婦が担当し、直売も手伝う。2人はお客さんからの「甘くておいしかった」といった生の声が励みになると話す。今年から、ナシ畑の一部を任され、剪定(せんてい)作業を行った。「それぞれの果物が持つ魅力を最大限に引き出したい」と3人は目を輝かせる。

 人気のモモは「あきぞら」「かなえ」が中旬ごろまで。ブドウは「デラウェア」「サマーブラック」を筆頭に、10日ごろから「竜宝」、15日ごろから「巨峰」「サニールージュ」などが出始める。ナシ「幸水」は中旬、下旬に「豊水」と、収穫時期に合わせ完熟品が順次並ぶ。「ナシは梅雨に雨が少なかったため実は小ぶりですが、甘さは十分」と太鼓判を押す。11月に入ると柿の「富有」と続く。「毎年楽しみにしているお客さんがいる限り、おいしい果樹を作り続けたい」と意欲はつきない。

お薦め品
◇モモ1パック 1.2キロ千円前後~
◇「浜なし」(横浜のブランド農産物)
 1キロ850円~
◇「浜ぶどう」(同) 1キロ950円~
 ※いずれも品種は時季で異なる。


ここで買える
◇横浜市泉区下飯田町1373。横浜市営地下鉄下飯田駅徒歩8分、相鉄線ゆめが丘駅徒歩8分。駐車場7台。午前8時45分~無くなり次第終了。12月末まで無休(予定)。品種などの詳細は[ホームページ]http://igakajuen.p2.weblife.me/。電話045(802)3015。
※贈答用の全国発送(箱代・送料別)も行っている。


※魚介類や野菜など生鮮食料品の価格・種類は、水揚げ量や収穫量、天候などの影響で変動します。価格などは変わっている場合があります。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR