法令違反通報はホットラインへ|カナロコ|神奈川新聞ニュース

法令違反通報はホットラインへ

 市役所内で不祥事が相次いだことを受けて鎌倉市は、職員が法令違反行為などを市長に直接通報できる「市長ホットライン」を開設した。市は「不正の芽を摘み取る環境をつくる」としている。

 市にはすでに公益通報やハラスメント相談制度、外部の弁護士に相談できる窓口があるが、職員の通報先の選択肢を増やすことで、不正行為や問題の早期発見・解決につなげたい考え。今月8日に運用を開始した。

 コンプライアンス(法令順守)の一環として、20~30代の職員が“疑似役員会”のように集まり、若手の視点から組織の問題点を洗い出して改善策を提案する「ジュニアボード」と呼ばれる手法も採用。メンバーは公募などで募り、職種や部署などの偏りを避けた20人ほどで今月中に立ち上げる。月に数回開催し、本年度内に改善策をまとめたいとしている。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR