輝く黄緑色の群れ 大磯、アオバトが飛来

飛来するアオバト=2017年7月3日、照ケ崎海岸

 大磯町の照ケ崎海岸でアオバトの飛来が始まっている。早朝から愛鳥家やアマチュアカメラマンが訪れ、朝日に輝く黄緑色の群れを追う姿が見られる。

 体長30センチほどのアオバトは海上を何度も旋回しながら群れで岩礁に降り立ち、時折砕ける波に追われながら岩場を移動し、くぼみにたまった海水を飲む。

 飛来は5月初旬から10月ごろまでで、7月から8月にピークを迎える。日の出から午前10時ごろまで観察できる。照ケ崎はアオバト飛来地として県の天然記念物に指定されている。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR