ジョニー・デップ、真夜中の到着でも神対応 ファン1000人熱狂

ジョニー・デップが日本に到着。出迎えのファンに神対応(C) 2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 米俳優のジョニー・デップが20日午前0時頃、東京・羽田空港に到着。ディズニー映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(7月1日公開)のプロモーションのため、約7ヶ月ぶり、13度目の来日を果たした。

【動画】各地のプレミアの模様を編集した特別映像

 きょう都内で開催されるジャパンプレミアに参加することが発表されていたことから、19日の夕方過ぎからどこからともなくデップのファンが空港の到着ロビーに集まり、ジャック・スパロウに扮した人や手作りのウェルカム・ボードを持参する人など、ざっと1000人くらいの人が到着をひたすら待ち続けた。そして、到着ゲートからの黒のジャケットにデニムのパンツ、サングラスとトレードマークの帽子を被ったデップの姿が見えるや、黄色い悲鳴が上がり、到着ロビーは熱狂に包まれた。

 深夜の到着となったにもかかわらず多くのファンに出迎えられ、デップも笑顔。握手を求めるファン一人ひとりと丁寧に接する相変わらずの神対応を見せた。キャプテン・ジャック・スパロウとしての久しぶりの来日に「いつも日本に帰ってくることはうれしく思っているよ。それがどんなキャラクターであっても、いつもとてもうれしいんだ。でもキャプテン・ジャックはユーモラスな部分が日本のみんなに特に受け入れられたようだね」とコメント。最後に「私を再び招待してくれてありがとう、とてもうれしいよ! 劇場で会いましょう!」とファンに向けてメッセージを残し、止まない声援の中、空港ロビーを後にした。

 本日、開催されるプレミアには、デップのほかに、新たな相棒・ヘンリーを演じるブレントン・スウェイツ、美しく聡明な天文学者カリーナ役のカヤ・スコデラリオ、日本語吹替版声優の栗山千明、中川大志も参加する予定。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』出演者が語る海賊たちの魅力 (17年06月18日)

ジャック・スパロウ人気健在 6年ぶり最新作、全米・中国・ロシアで大ヒット (17年05月30日)

夏の東京ディズニーリゾートはパイレーツ祭り 謎解きプログラムも登場 (17年04月16日)

上海ディズニーが「ジョニー」コールで湧く 『パイレーツ』ワールドプレミア開催 (17年05月11日)

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』過去4作品、dTVで期間限定独占配信 (17年05月30日)

PR