川崎に“居酒屋横丁” コロワイド、6月29日に開業

「川崎のれん街 ほのぼの横丁」

「ほのぼの横丁」の完成イメージ図

 川崎に“居酒屋横丁”誕生-。外食大手コロワイドのグループ会社、コロワイドMD(横浜市西区)は29日、新ブランドの専門店8店舗を含む居酒屋9店舗で構成する新業態の「横丁」を、川崎市川崎区に開業する。「ヒトとヒトとのつながりの場所」をコンセプトに昔ながらの人情味あふれる空間を演出し、30代女性やサラリーマン層、地域住民の需要を取り込む。過去に出店した大型店舗の活用策として期待する。

 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」がオープンするのは、JR川崎駅東口の川崎駅前タワー・リバークの地下1階。これまで同社が運営する居酒屋とカラオケルームが入居していた場所を改装した。面積は約700平方メートルで計309席。ギョーザ、浜焼き、ホルモン、ピザ、串カツなど、特徴あるテナントを開発した。

 客単価は、日本酒の立ち飲み店が約1500円と最も安価で、ビフテキとすしが3千円~3500円。月商は9店舗で合計2950万円を目指す。新たな8ブランドに関しては、チェーン展開のためのテストマーケットにする。

 コロワイドMDは「一人でも気軽にふらっと立ち寄れ、近隣住民の皆様にも喜んでいただける、そんな横丁を育んでいきたい」とした。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR