幕末-昭和の様子今に 横浜・都筑区の大豪商中山家

資料数万点発見、市北部の歴史研究に一役

中山恒三郎家に残っていた資料を手にする中山健さん=横浜市都筑区

 横浜市都筑区川和町の旧・中山恒三郎家で、幕末から昭和期にかけての数万点の資料が見つかり、一部が、報道陣に公開された。横浜北部地域の大豪商で酒や生糸などの事業を展開。毎秋の観菊会は全国から見物客が訪れた。資料は菊栽培や商売に関連した記録など多彩で、横浜開港資料館は「整理を終えるには10年ほどかかるが、横浜北部の歴史など新たな発見が期待できる」としている。

 現在の都筑、青葉など4区が属していた都筑郡の郡役所は川和にあり、地域の中心地だった。その中で、隆盛を誇ったのが同家。幕末期に初代・恒三郎が中山五蔵家から分家した。

 初代は酒類販売などを手掛け、2代目はしょうゆ製造にも着手。3代目は明治時代、たばこや塩の販売のほか、製糸場を経営。生産された生糸は、横浜の貿易商の手で米国に輸出された。村会議員や郡会議長を務めるなど地域のリーダー的存在でもあったという。

 代々にわたり菊の栽培に注力した。自宅庭園の「松林甫(しょうりんぽ)」を開放、毎秋の観菊会には皇族のほか、県知事を務めた周布公平、有吉忠一といった政治家らも訪れている。

 資料の中には江戸時代後期に描かれた川和村の絵図や1912(大正元)年の観菊会の写真、製糸場の経営帳簿や勤務表といった古い記録のほか、たばこを運搬した箱車の荷台、販促に使われた酒器など、中山家の商売に関連した物品も豊富にあった。

 敷地内に川和保育園の移転(来春予定)が決まり、6代目の中山健さん(54)=青葉区=が2015年、明治時代に建てられた書院や蔵に残る膨大な資料の調査を、同資料館へ依頼した。段ボール約300箱分といい、記録や写真は同資料館、物品の一部は市歴史博物館で保存。公開に向けて整理中という。

 資料の量に「驚いた。地域の歴史研究に役立ったらうれしい」と中山さん。同資料館調査研究員の吉田律人さん(36)は「貴重なものばかり。市内の旧家から今後これだけの量、質の資料が発見されることはないだろう」と話した。

 問い合わせは、中山さん電話090(3144)2951。

COMMENTS

facebook コメントの表示/非表示

PR