ホストクラブ通うため…154万円着服の女性巡査懲戒|カナロコ|神奈川新聞ニュース

ホストクラブ通うため…154万円着服の女性巡査懲戒

 ホストクラブに通うため、職場の慰安旅行の積立金約154万円を着服したとして、県警監察官室は28日、南署生活安全課の女性巡査(24)を停職3カ月の懲戒処分にした。監督責任があった同課課長の男性警部(54)は所属長注意とした。巡査は同日、依願退職した。

 同室によると、巡査は昨年6月から同課の積立金の会計を担当。毎月、課員15人分の積立金計31万5千円を口座に入金するなどしていたが、同10月ごろからことし2月ごろにかけて、約10回にわたり計約154万円を着服していた。

 巡査は2015年11月からことし2月にかけて、東京都新宿区のホストクラブ4~5店に計約60回通っており、1回に10万円程度を支払っていた。高校時代の友人に誘われたのがきっかけで、「楽しくて1人で行くようになった。(積立金は)返金すれば大丈夫だと思った。同僚に申し訳ない」などと話している。

 異動時期を控えた今年2月下旬、課長が積立金の通帳を確認して発覚した。巡査は約500万円の借金とホストクラブ1店に約50万円の未払い金があったが、着服金も含め全額を返済。同室は「返済も済み、課員も刑事処罰を望んでいない」などとして、業務上横領容疑での立件は見送るとしている。

 同室の室長は「誠に遺憾で、厳正に処分した」とコメントした。

PR